【脱出感想】絶遠エクソシズム

全国150万人の”霊能力者”の皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は現在開催されているオンライン公演
『絶遠エクソシズム』に参加してきました!

f:id:alfbds0954:20200617215811j:plain:w600

【ストーリー】
あなたたちは、我が国で暗躍する霊能力者集団。
普段は、各自、日本全国に散らばって任務にあたっている。
そんなあなたたちに、緊急指令が入った。
それは、ある部屋の霊視。
なるべく早く対処してほしいとのことなので、
あなたたちはその部屋を遠隔で霊視することにした。
しかし、それは絶望への始まりだった…。


【プレイ方式】
タイプ :オンライン型
公演時間:約70分(事前説明・解説含む)
人 数 :4人1チーム

今回私は謎解きに成功しました!

個人的満足度★★★★★★★★☆☆ 8/10点 

≪一言≫
クロネキューブの実力とくとみたりぃ!

ざっくり感想

今日も今日とて謎解きイベントの感想です。これまでは行こうと思っていた公演が中止になった影響でモチベーションが低下し、ブログの更新も停滞気味だったんですが、少しずつ参加頻度が戻ってきたので、ちょっとやる気が回復しました。
加えて今回参加した公演が今年初のナーメーテーター枠に入るものだったので、若干興奮気味でブログを書いています。 f:id:alfbds0954:20200617221958j:plain:w300


『絶遠エクソシズム』関西を中心に謎解きイベントを制作しているクロネコキューブが手掛ける遠隔型リアル謎解きゲーム。

神戸が拠点のクロネコキューブは、立地の問題からこれまで挑戦する機会が中々無く、接点があったのは沢山の団体が合同で開催しているTAMAARI SUPER QUEST と、なぞともカフェのキューブくらい。正直自分の中だと、数ある謎解き制作団体さんのうちの一つぐらいに思っていました。

www.rdbgjunction.com



ただ、今回の『絶遠エクソシズム』は、 それまでの自分の認識をガラッと変えるほどに凝られた設定・演出・謎が噛み合ったとても面白い公演でした。


怖くはないが、雰囲気しっかり

ホラーを題材にしており、怖い演出等があるのではないか?と二の足を踏んで切る方もいらっしゃるかもしれませんが、本公演にお化け屋敷的な怖さはなく、こちらに対する驚かし行為もないので、謎解き好きであればだれでも安心して挑戦できると思います。

個人的な印象としては、この公演の演出やギミックの魅力を最大限に伝えられる題材がたまたまホラーものだっただけで、ストーリーは設定の必然的から生まれたものだと感じましたよ。


特に素晴らしいのが視点の動き
ストーリーにもある通り、我々はやむなく遠隔で部屋を霊視するという設定なので、オンライン公演でありながら当事者としてモニターを見ており、物語の世界観を崩さない工夫がされております。

また、遠隔型リアル謎解きゲームと銘打たれている通り、本来固定画面を見ているはずの私たちが、とあるシステムによってあたかも現地でルーム型公演に挑戦しているかのような雰囲気を味わえるのも良いポイント。部屋内のアイテムに対するとある視点のやり取りには震えました。「これそういう話ね」って。あれ一発でこのゲームの仕組みがグッと体に沁み込みましたからね。


その上、遠隔型である利点を最大限に利用して、あたかも現地でルーム型公演に挑戦していた気持ちにさらにもう一つの地平線を加えることで、部屋の中では収まらない世界の広がりを感じられ、まさにセンスオブワンダーな体験でした。

謎の感想

謎の構成もホール型というかはルーム型に近く、探索が必須。
加えて、 とある事情によりただ画面をぼーっと見ているのはご法度なので、常に緊張感を持ったプレイングが求められます。


難易度は程よく、4人でプレイする中で時には真剣に相談し、時にはワイワイと騒げる非常にバランスの良い塩梅。
なのに設定と絡まることで一筋縄ではいかない箇所もあり、解けた時には思わずニヤリとしてしまう場面も。


また、ストーリーと謎解きのシンクロ率が高いため、ホラーものの展開と謎解きの進捗がクロスし、ラストには結構なスペクタクルが待ち受けることでしょう。そして謎解きの成否によって、あなたの運命も決定づけられるはず。
変な話ですが、失敗した時の演出もぜひ見てみたかった。


これはちょっと余談なんですが、このゲームには、私たちを直接サポートしてくれる方が1名登場します。そしてこの方の動きが本当に素晴らしい! キャストとしての動きはもちろん、物語と私たちのテンポを落とさないよう、アイテム整理の仕方や動きで違和感のない範囲の誘導が入り、ノンストレスな環境を提供してくれました。クロネキューブの実力を存分に味合わせていただきました。


そんなこんなで、これまで挑戦してきたオンライン公演の中でも上位に入るくらい楽しめた『絶遠エクソシズム』。 7月の追加公演も決定したようで、ぜひぜひいろんな方に挑戦してもらいたいなと思いました。

次は行ってみますか。西へ。