【ネタバレ厳禁】世にも奇妙な西野ン会議に参加した

全国150万人の”オンライン会議で発言のタイミングが被りがち”な皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は、TwitterのTL上に突如として現れた人物西野ン(にしのん)と、彼が主催する、 絶対に参加してはいけないオンライン会議『西野ン会議』に参加してきたので書いていこうと思います。


彼がTwitter上で話題になり始めたのは7月になってから。3.2万人ものフォロワーを有していながら、どうして今まで見かけたことがなかったのか。
どうやら彼は既存のアカウントを乗っ取ることで力をつけていたようです。普通に犯罪では
f:id:alfbds0954:20200710000741p:plain:w500


そんな彼の固定ツイートを見てみると、どうやらとあるオンライン会議に誘っているようでした。

その名は『西野ン会議』

彼が誘導している会議の名は西野ン会議
主催者である西野ンが、招待した8人と共に喋ったりゲームに興じたりする、一見すると普通のオンライン会議のように見えます。

ただ、この会議から戻ってきた人の中には意味不明な言動を繰り返す人も多く、また、西野ンを崇拝するかのようにイラストを投下し続ける人も出てくる始末。
いったい何がどうなっているのでしょう。

明らかに危険度MAXですが、"危険”だと言われると突撃してみたくなるのが人間の性(さが)。怖さを紛らわすためにお酒を用意しながら参加してみましたよ。

西野ン会議へ潜入

西野ン会議への参加は簡単で、彼のTwitterやこちらのリンクから、会議ツール『LIVE MEAT』へアクセスし、自分の名前を入れるだけ。

livemeat.jp

その後、カメラとマイクをONする旨のボタンを押すと、待機画面へ。
※ちなみに私のPCにはカメラもマイクもついてませんが普通に入れました。つまりはそういうことだ


待機画面があけると、同じように待機していた人が続々入室し、直ぐに8人が選出されました。
f:id:alfbds0954:20200710002628j:plain:w500


私だけカメラOFFでめっちゃ浮いてる…でも誰も気にしない。私と同じように西野ンが何をしてくるのか、ワクワクしているのだ。


そうこうする内に西野ンが登場。
f:id:alfbds0954:20200710002727j:plain:w500
顔はデフォルメされた絵文字のような感じで、声も加工がされており、一切のパーソナリティが見えない。かなりネットリテラシーが高い人物とみた。


挨拶もそこそこにゲームがスタート。

第一のゲームはロシアンルーレット
「誰にしようかな?」の掛け声とともに西野ンのめがグルグルと回転し、ターゲットを1人選出した。
選ばれてしまった哀れなその人は、アカウントを難なく乗っ取ってしまう西野ンのハッキング能力で あっという間に住所が特定されてしまいました
恐るべし西野ン。自分へのリテラシーは高いくせに、他人へのネットリテラシーはとんと持ち合わせていないようだ。


続いてのゲームは催眠術のコーナー。
f:id:alfbds0954:20200710002844j:plain:w500
西野ンの画面が切り替わり、サイケな配色とジャンプカットが多用された異様な映像が延々と流れ始めます。私含め、全員ドン引き


なんだかんだでゲームは終了。西野ンは「また遊ぼう」と全員にあいさつし、姿を消してしまいます。
これで終わりか?と思っていると、画面の向こうの人も緊張が途切れたのか、笑みを浮かべながら軽い談笑をしはじめ、和やかな雰囲気に。

ただ、そんな気持ちがかき消されるように、次々と画面の向こうで不思議な出来事がおこりはじめます


Web会議でよくある、画像が乱れちゃうアレかな?と最初は思ったのですが、それだけでは説明できない事象の発生とSUNが急転直下な参加者。
その上チャット欄も乱れ始め、会場はまさに阿鼻叫喚の地獄絵図。言ってた危険ってこれかのことだったのか。
その危険はもちろん私の所へもやってきました。それが何かは、自身の目で確かめてみてください。
f:id:alfbds0954:20200710003111j:plain:w500


最終的に私以外のみんなは向こう側へ連れていかれてしまった。
f:id:alfbds0954:20200710003135j:plain:w500

私はなにもできず、これまでの出来事に蓋をするように、そっとブラウザを閉じたのでした。

実はコラボ企画

実はこのオンライン会議は、ラストに出る画像の通り、世にも奇妙な物語とのコラボレーション企画
世にも奇妙な物語特別編は、7月11日に放送が予定されています。
f:id:alfbds0954:20200710003201j:plain:w400


つまり『西野ン会議』は、遊べるCMのようなもの。
製作はオモシロ法人カヤックと、劇団ノーミーツ。演出は劇団ノーミーツの岩崎さんが担当。
あまり詳しくは言えませんが、阿鼻叫喚中のharunaさんがPOV視点で恐怖している様はかなりグッときました。
カネコさんも凄かった。1人だけ別ベクトルで体張ってましたからね。思わず「顔!」って言っちゃいましたもん。

ドラマの展開予想

そんな感じで西野ンも世にも奇妙な物語に登場するらしいです。
どの話で出るのか、どんな役割なのかは分かりませんが、今回使われたサイトLIVE MEATがちょっと気になりました


最初ちらっと見た時は、「LIVEMEET」だと思ったんですよ。Web会議ですから。
ただ、よくよく見ると「LIVE MEAT」。直訳すると「生きる肉」でしょうか。
西野ン会議の展開をみるに、LIVE MEATの意義は、 会議に参加した「生きる肉」であるところの我々を催眠で操り、向こう側へ意識を引きずり込んだ後、西野ンがこちら側へ顕現する「受肉するための受け皿」を選別する場だったのではないでしょうか。


道具を使った呪術やホラーはこれまでたくさんありました。
紙とコインを使ったコックリさんから、ビデオを見たものを殺す貞子。そしてオンライン会議で怪異を振りまく西野ン。時代とともに向こう側の住人もアップデートしているようです。


ドラマでは、我々人間がどこまでそのアップデートについていけてるかをチェックしたいと思います。