RDBGジャンクション

【脱出感想】夜のサーカス遊園地からの脱出

皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村リク(@)です。

今回は、現在閉園後の浅草花やしきで開催されている
『夜のサーカス遊園地からの脱出』に参加してきました!

f:id:alfbds0954:20180926211754j:plain

【ストーリー】
閉演間際の遊園地で、華やかなサーカスのテントを見つけたあなた。
しかしあなたを迎え入れたのは、何とカバのサーカス団長だった。
ここは夜だけの『動物たちが仕切るサーカス』だという……

「まいりましたねぇ。人間は迷い込んだら2度と帰れないのですよ」

唯一、帰れる条件は『サーカスの暴れゾウを止める事』
あなたは暴れゾウを止め、ここを脱出することが出来るか!?

【プレイ方式】
タイプ :大公演型
制限時間:60分
人 数 :1人~(今回は6人で挑戦)

今回私は謎解きに失敗しました!

個人的満足度★★★★★★☆☆☆☆ 6/10点 

<一言>
久々の完敗・・・ひらめき力が試されるタイプのヤツが苦手だなと再び実感しました

ざっくり感想

f:id:alfbds0954:20180926211843j:plain:w400
↑解説を呆然と聞く鈴村リク氏


完ッッッ!!!!













嘘です、もうちょっとだけ書かせてください!

改めての感想

この公演は、プレイヤーとキャストとのコミュニケーションで世界観を演出することに定評のあるNAZO×NAZO劇団 が主催のイベントです。 思えばNAZO×NAZO劇団の脱出って本格的には初挑戦だったりします。 先日行ったさいたまスーパーアリーナの公演では、一部を担当されていましたね。あちらもキャストとのコミュニケーションがふんだんにあって楽しかったのです。

rdbgjunction.hateblo.jp

そんなわけで今回は最近謎解きにハマり始めてきた友人と連れ立って「楽しませてもらおう」ぐらいの気持ちで挑戦したのでした。 あんな事態になるとも知らずに・・・意気揚々と・・・

会場となるのは浅草花やしき
花やしきは遊園地としてはもちろん、閉園後や夜にいろいろとイベントをやっている様子。
あまり花やしき自体に来たことがなかった我々は会場の下見も兼ねて日中から遊んでいたのですが、連休の中日という事もあって想像以上の人、人、人。

現在工事中のエリアもあって異常に人口密度の高い状況で園内をグルグル回ることになり、公演開始前からもうへとへとに。
それでも何とか敷地構成を理解したところでいったん閉園。全員が外に出されます。

会場時間になると笑運閣門(しょううんかくゲート)で受付を行って、オープニングの演劇を見る小屋へ。
一通りの説明を聞いてスタート。

初っ端から躓きました。日中歩き回ったせいでしょうか。全く頭が回らず、解法が全く思い浮かびません。
これではキャストとのコミュニケーションどころではない。そう思った我々は、とりあえず動けるところからという事で分散して動いていくことに。
初っ端の謎をなんとか力業で解き明かし、中盤からはスピードアップしたと思うのですが、それでも時間が足りずあえなくタイムアップを迎えたのでした。

司会者の方が解説をするたびに会場から挙がる「あー」「えー?」の声。 しかもラス謎の部分だけでなく、最初からまんべんなく歓声が上がっていたので、周りの人も相当苦労したんだなと思いました。
結局この日の脱出成功者はナント0人!会場中の参加者は大爆笑。前回が40人クリアしたとのことで、思わず「マジかよ・・・(;゚д゚)ゴクリ…」と口からもれてしました。
正直失敗すると思っていなかったので、天狗の鼻っ柱を折られた気分で公演が終了したのでありました。

謎の感想

プレイ方式にも書いた通り、基本的には1人からプレイできるのですが、問題の量としてはかなりあるんじゃないかと感じました。
特に、ひらめき系の問題が多い印象だったので、いったん詰まってしまうと先に進むのが若干難しくなっていくと思います。

個人的には3人以上ぐらいで挑戦するのがおススメです。
また、 時間が経過するごとにヒントが公開されていくので、その時間までにその問題が解けていない人は確認しに行っても良いと思われます。

キャストとのわちゃわちゃも前半戦はとても楽しめました!後半戦はどうしても時間が気になってしまい、バタバタ気味になってしまうのは致し方なし・・・という感じ。
あと会場が狭いので、参加した回がたくさん人がいた場合には立ち回りが結構重要になってくるのではないでしょうか。見極めが大切です。

個人的には中盤~後半の流れがとても好き ですね。ポンコツだった自分の代わりに友人たちが閃いてくれた時には本当に感謝しました。
その後のラス謎に関しては正直もうお手上げなところがありましたが、解説を聞いて納得というか、よくこんなこと思いつくなとただただ脱帽です。

そりゃ成功者0人も、私としてはそりゃそうでしょと思っているのですが、Twitterを見ると別の回ではソロ参加の方が20分残しで成功しているとか・・・バケモノかな('_')

そんなこんなで、ただでさえ低い鼻をボッキリと折られてしまったわけですが、これも修行と思って精進していきたいと思います。 10月も公演が残っていますので、涼しい花やしきで不思議な体験をしてみてはいかがでしょうか。