【脱出感想】カトリーエイルと月夜の怪物

全国150万人の"少年探偵SCRAP団”皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は横浜ヒミツキチオブスクラップで開催されていた
『カトリーエイルと月夜の怪物 』に挑戦してきました!

f:id:alfbds0954:20190629154127j:plain:w600

【ストーリー】
「ロンドンにオオカミ男あらわる!」
月夜に現れては民家を襲う、正体不明のオオカミ男。
そのニュースにロンドンの街は大混乱に陥っていた。

そんな中、あなたはレイトン教授の娘カトリーエイル・レイトンが営む
レイトン探偵社に新人探偵として採用され、ロンドンへやってきた。
さっそく、記念すべき最初の依頼人があなたとカトリーの元へ訪れる。
しかし、依頼人から出た一言は衝撃的なものだった。

「オオカミ男を…助けて!」


少年探偵SCRAP団限定ツアー リアル脱出ゲーム×レイトン ミステリー探偵社 「カトリーエイルと月夜の怪物」

【プレイ方式】
タイプ :ホール型
制限時間:60分
人 数 :1人~(今回は3人で挑戦)

今回私は脱出に失敗しました!

個人的満足度★★★★★★★★☆☆ 8/10点 

≪一言≫
ファンクラブ限定の謎解き公演。カトリーと共に史上最大量のナゾに挑め

ざっくり感想

過去作に名探偵コナンや逆転裁判など、推理物のアニメやゲームとのコラボが多かったSCRAPがようやく作ってくれたレイトンシリーズ初の公演型のコンテンツ。
今まではミステリーメールボックスの作品だけだったので「いつ60分公演をやってくれるんだ」とヤキモキしていた方も多かったでしょう。

しかしながらこの『カトリーエイルと月夜の怪物』 SCRAPの有料ファンクラブである少年探偵SCRAP団のみでチケットが販売されているという若干参加難易度が高い公演となりました。

鈴村は少年探偵SCRAP団に入ってはいたのですがレイトン知識はあまりなく、参加自体を悩んでいたのですが、界隈の評判が異様に高かったのでレイトンファンの友人を誘って参加することに。

会場は横浜駅から直結の横浜ヒミツキチオブスクラップ。
訪れたのは3回目ですが、ようやく横浜駅みなみ東口から到達できることを覚えました。

3Fに着くと廊下の奥には公演ポスターが。
f:id:alfbds0954:20190629154205j:plain:w600
この父娘の並びかっこよすぎません?

場所的にはちょうどハートの女王からの脱出の入れ替え枠だったんですね。
会場受付でチケット承認を済ませると、特典のピンバッチとナゾトキトランクをもらって…と思いきやスタッフの方から「こちらの不手際で今日ナゾトキトランクをお渡しできません」との謝罪の言葉が。
代わりに後日配送or返金の案内をされましたよ。

会場へ入るとそこは夜のロンドン。
セットは書き割りの内装メインですが高さがあるので安っぽさがまるでなく、小道具が多いのでメチャクチャ豪華な感じです。

公演タイプはホール型ですが、チームごとにテーブルがあるわけではなく、チームナンバーが書かれている場所におもむろに着座。この場所はあくまで初期位置で、会場中をくまなく歩きまわる必要があるためテーブルが必要ない というわけです。
スタンスとしてはハンター試験からの脱出に近い。

www.rdbgjunction.com

ゲームが始まる前には司会の方から「リアル脱出ゲーム」「カトリーのナゾトキファイル」についての説明が。私のにわか知識では足りない部分もきちんと教えてもらえて非常に助かりました。

謎の感想

リアル脱出ゲーム史上最多のナゾ!の触れ込みは伊達じゃなく、本当にたくさんのナゾがありました。

プレイ方法としては 支給されたパッドで会場の所狭しと並べられたQRコードを読み取り、出題される謎に答えながらストーリーを進めていくというもの。
いきなり全部のQRを読み取ってしまうと、ストーリーに必要な謎とその他の謎の区別がつきにくくなってしまうので注意。

ストーリーもレイトンの世界観を壊すことなく、牧歌的でありながらもスペクタクルが詰まっている感じでとても良かったです。
それだけに失敗してしまったのがとても悔しい。 ストーリーへの理解とあともう少しのヒラメキが足りなかったですね。

そしてラス謎のギミックは「そうくるか('Д')ハッ」と唸ってしまうぐらい素晴らしいものが使われていて、一気にテンションが爆上がりしました。このタイプのやつ大好物だから色んなところで流行れ。

最終的なスコアは174ピカラットで、ランクは"名探偵”。 f:id:alfbds0954:20190629154548j:plain:w600
大体のストーリーナゾ押さえればここまでは行けるようですね。

全体的に見ると噂に違わぬ高難易度で素晴らしい公演でしたが、演出やレイトンシリーズという超オモシロいコンテンツからして団体限定にせず、普通にいろんな人に体験できる公演にしておけば良いのにと思ってしまいましたね。今後再演とかあるのでしょうか。

あと、今回は残念ながらストーリー近辺のナゾしか体験できなかったので、ストーリーとは関係がなかったナゾが全て収録されている公演パンフレットを購入しました。
f:id:alfbds0954:20190629154925j:plain:w600
家でじっくり解きたい方におススメです。