RDBGジャンクション

【脱出感想】タンブラッシュ!調査団とフォトジェニ島の秘密

皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回はお台場の特設会場で開催されている「宝探し万博2018」内の公演
『タンブラッシュ!調査団とフォトジェニ島の秘密 』に挑戦してきました!

f:id:alfbds0954:20181014020552j:plain:w400

【ストーリー】
海のどこかに存在するという伝説の島フォトジェニ島。 そこには写真に撮られるために生まれてきたかのような被写体生物「トレモン」が多数生息しているらしい───
ある日、あなたたちタカラッシュ!調査団に一つの依頼が舞い込んだ。
「フォトジェニ島の秘密を探れ」
そう書かれた紙と共に同封されていたのは「タンブルウィード」というロゴの入った不思議なカメラだった!
優秀なる調査団員諸君、新生「タンブラッシュ!調査団」としてフォトジェニ島の秘密を解き明かしてくれたまえ!


【プレイ方式】
タイプ :ホール?型
制限時間:60分
人 数 :6人1チーム


今回私は謎解きに成功しました!

個人的満足度★★★★★★★★★☆ 9/10点 

<一言>
あんた達・・・すごいよホント
f:id:alfbds0954:20181014020711j:plain

ざっくり感想

先ほど更新した『CALAVERA』と同日に参加した公演です。

こちらは尖ったコンテンツをめちゃくちゃ排出するTumbleweedタカラッシュのコラボ。
制作団体本人たちが「超斬新」 というくらいめちゃくちゃ斬新な企画です。こんな謎解きは今までやったことがありません。
あまりに尖りすぎてて一周回ってどっかに怒られたりしないかな・・・って心配になる程コンセプチュアルです。さっきから同じことを延々と言っておりますが、とにかくそれぐらいすごいのです。

その尖りに尖ったコンセプトの基盤になっているのはTumbleweedが持つ技術力ですね。スマホタブレットを使用することはもちろん、その公演に則したアプリケーションまで作成しますから。タブレットが出てきた時の会場内のどよめきは半端じゃありません。ゲーム開始前の説明を聞くでこんなに興奮できるのはTumbleweedの公演ぐらいじゃないでしょうか。

そして公演のキーとなる『トレモン』。地球上のどこにもいない、ヘンテコでちょっと愛嬌のある動物たちのデザインも素敵でした。『どういう進化の過程を経たらそんな感じになるんだよ!』って思わず突っ込みたくなること請け合いです。

公演全体を通して私の頭の中をグルグルを駆け巡ったのはは、幼い頃にプレイしたとあるゲーム。メチャクチャ既視感を覚えるのですが・・・気のせいですかね・・・そうだと信じたい(;・3・)~♪ 

謎の感想

この公演における謎解きは、いわゆる机上で行う謎解きとは別に、 頭を使ってトライ&エラーを繰り返して正解を導き出す力が問われます。1つの角度でダメでも、また別の角度、もしくは正解までの道のりを回り道するのもいいでしょう。

必要となるのはベタですが「役割分担」「情報共有」。効率よく問題をこなしていって、気になることはどんどん発言していった方がよいと思われます。

ちなみに私たちが参加した回は、人数の関係で5人テーブルだったのですが、不思議と役割分担がうまくいって、特定の人に負担が行ってしまったという事もなく、スムーズに謎解きが出来ました。

基本的にはワイワイあーだこーだ言える公演になっておりますので、思いっきり楽しみましょう。公演の最後には素敵なエンディングが待っています。

個人的にはめちゃくちゃ気に入った公演になりました。コンセプト的には続編も作れそうな感じなので、ぜひとも続きや、同じシステムで別な物語を作ってほしいです。

こちらも当日チケット受付中とのことですので、ぜひ行ってみてください。