「エンタメなめんな!」の心意気を実感できたオンラインリアル脱出ゲーム大パーティーの感想

全国150万人の”1月16日はお家にいた”皆さまいかがお過ごしでしょうか。
鈴村リク (@alfbds0954) です。

SCRAPの一大イベント「オンラインリアル脱出ゲーム大パーティー」に参加しました。

先週の土曜日、1月16日にビッグイベントが開催されました。
その名も『オンラインリアル脱出ゲーム大パーティー』
f:id:alfbds0954:20210120205207j:plain:w600

ニコニコ生放送を拠点とし、たくさんの放送枠を移動しながら様々な謎解きイベントを楽しめる、完全なるフェスイベント。
SCRAPの「エンターテインメントの力をなめるんじゃぁねぇ!」精神を存分に感じられる、素晴らしいイベントでした。


当然ながら私も朝から晩まで計13時間ほぼぶっ通しで参加したので、各イベントの感想を時系列順に書いていこうと思います。


10:30~ 開会宣言

SCRAP代表である加藤社長による開会宣言。
「去年は随分辛い年でした。しかし今年始まってまた16日ですがここから新しい面白い素晴らしい日々が始まって行くこと今日このフェスで証明したいと思っています。」
14年間エンターテインメントを作り続けた男による、熱い決意表明でした。


宣言の中盤に出てきた、「常識を疑わなくてはならない」という言葉に「これって謎で使うやつかな…?」と思わず身構える参加者たち。
謎解きが骨の髄まで沁み込んでいる証拠です。あまりにも考えることが皆同じなので、少し笑ってしまいました。

その後はSCRAPの司会でもおなじみ青木さんのスケジュール紹介等がありましたよ。

11:00~ リアル間違い探しオンライン まちがいだらけの恋

最初に参加したのはリアル間違い探しオンライン。
f:id:alfbds0954:20210120205622j:plain:w600


とあるカップルの出会いから告白までを、正しい「理想の世界」とどこかしらに間違いのある「現実の世界」という2つの演劇で交互に語っていき、双方の違いを見つけ出す公演です。
司会は瀬戸口さんでした。カラオケ好きの神様という設定で、さっそく参加者のおもちゃにされていました。


見つけて報告する間違いの難易度は千差万別で、一目で分かるものもあれば「こんなん気づかないよ!」と天を仰ぐぐらい難しいのもあり、観察眼が試されました
あと普通にドラマが気になってしまって、気づいたら細かな部分をよく見ていなかったという罠も。個人的には最初のシーンで彼女が持っていた飲み物に度肝を抜かれました。むしろ好感が持てる


苦戦しながらも友人と協力していたこともあり、結果は72点の仙人ランク。
f:id:alfbds0954:20210120205744j:plain:w600

可もなく不可もなくって感じですね。
結構難易度高い公演だと思うんですが、90点以上の方が何人もいらっしゃいましたね…まさに神


感想としては、正直想像以上に楽しかったです。参加者の目の前で行われるリアル間違い探しもぜひプレイしたいですね。

12:35~オンライン・パパラッチ

観客の行動で物語の結末が変わるInside Theaterシリーズのオンライン版。
f:id:alfbds0954:20210120205909j:plain:w600

今回の主役は冤罪の横領事件で告発されようとしている女性。私たちは 監視カメラとネットを駆使しながら情報を集め、無実の罪を晴らし、事件の真相を突き止めるというストーリー。

リアル間違い探しオンラインが12:30終了だったので、5分しか猶予がありませんでした。芸能人のスケジュールか。


いきなり感想ですが、個人的にはこれが一番満足度高かった公演でした。本当に最高です

登場人物の名前や会社名、その会社が使っている運送会社や社員が極秘に書き込む裏掲示板など、小さな手掛かりからどんどん膨れ上がる情報を整理していくのが面白く、絶えず新しい発見のある見どころの多い作品 でした。
TwitterやWEBサイトの作り込みも凄かったですね。


そしてなにより凄いのは参加者の情報収集能力、恐らく4000人ぐらいの人がプレイしていたと思うんですが、公演前にある程度の情報が揃っていたり監視カメラの映像から人物関係を整理してTwitterに流す人が現れたりと、とにかく作業スピードが尋常じゃない。本業のかた混じっていませんか?


ストーリーは手堅い部分がありながらも、信用ならない語り部の投入によってSNS上の私たちが大混乱する演出がとてもフレッシュで、脚本家である森ハヤシさんの構成力が光っていました。
f:id:alfbds0954:20210120210227j:plain:w600


SNSといえば、同時間帯のTwitterトレンド1位になっていましたね。謎解きの大事な要素である情報共有の賜物ですね。
f:id:alfbds0954:20210120210252j:plain:w600

14:15~ 謎解きバトル・ロワイアル

f:id:alfbds0954:20210120210316j:plain:w600

SCRAPでは珍しい、生き残りをかけた謎解きイベント
基本的に謎解きって人と競争しないので、ステージごとに敗退者が脱落していくという体験はなかなか新鮮でした。


1stステージは完全にグーグルフォームの負荷テストでしかなかったので全員通過。
2ndステージは参加者がどのジャンルの謎を選択するのか、という一種の心理戦がいい感じのスパイスになっていました。私は残念ながら2ndステージで敗退。
解き筋は分かっていたんですけど、他の人が速すぎました。


脱落してからは視聴を止め、いったんお昼へ。なぜならオンラインリアル脱出ゲーム大パーティーは全編通してアーカイブ視聴が可能なので、翌日以降ゆっくりと挑戦できるのです!これもオンラインならでは。後でじっくりと神々の戦いを見たいと思います。


解説兼出題者である武智さんの淡々とした話し方も素敵です。これから表舞台で拝見することもあるかもしれませんね。

16:00~ 100万謎2021解説生放送

年末年始おなじみの100万円謎の解説と賞品抽選回
f:id:alfbds0954:20210120211016j:plain:w600

私も正月休みを使ってしこしこ解いていたんですけど、謎5がどうしても解けなくてこの放送までに解ききることはできませんでした。

なので私が現状詰まっている部分ところまで見て、あとは全部を解き終わってから視ようと思います。


抽選システムのバグか、電話番号が合っているはずなのに別人にかかってしまうという珍事も。解説放送というリスクの少なそうな枠なのに一番生放送ぽかったですね。

17:30~ 極チケット購入者限定謎解き

ここからはラストの公演まで時間が空いていたので、少し休憩。
オンラインリアル脱出ゲーム大パーティーで極チケットを購入した人だけが遊べる持ち帰り謎に挑戦しました。 f:id:alfbds0954:20210120211101j:plain:w600

持ち帰り謎ながら各イベントのページを周る必要があり、さながらオンライン周遊謎。なかなか歯ごたえがありました。さすが極チケット特典。


ちなみに極チケットを購入すると、記念のピンバッチもついてきます。大切にとっておこう。 f:id:alfbds0954:20210120211154j:plain:w600

19:30~ 1万人オンラインリアル脱出ゲーム 「終わらない公開捜査からの脱出」

f:id:alfbds0954:20210120211219j:plain:w600

【ストーリー】
「当番組ではあなたからの情報をお待ちしております。」

モニターの向こうで突然始まった公開捜査番組。
スタジオには司会者をはじめ、未解決事件に関わる様々な関係者たちが顔をそろえる。


暗号を残して行方不明となった少女の親族。
パズルを握りしめ記憶喪失となった男性。

一癖も二癖もある依頼人たちを救うことが出来るのは今この瞬間、番組を見ている1万人の視聴者たち。

リアルタイムに情報が錯綜する中あなたも次第にこの奇妙な公開捜査にのめり込んでいく。

さぁ、果たして事件はどのような結末を迎えるのか。
真実にたどりつくのはただ1人。

あなたからの情報が、事件解決の鍵となる。

いよいよパーティー最後の謎解きです。
司会である加藤社長は言いました。 「さて皆さん、ここまでの中でオンライン脱出をされましたでしょうか?我々との知恵比べ、制限時間があり、失敗したらそれを悔しがる。そういうゲームをされたでしょうか。」
私「やっていない…」
加藤社長「今から行われるのは唯一のオンライン脱出ゲームです。はっきり言いましょう。これまでのコンテンツは全て前座です!」
私「うぉぉぉぉ!!」

コメント欄のボルテージも最高潮でした。さすが加藤社長。会場の熱量を引き出すのがお上手。
とは言え、こちらはここまでで既に9時間超もの時間を謎解きに費やしており、コンディション的にもボロボロ。それでも最後の戦いに挑みます。


公開捜査という単語、一定以上の年齢の方ならピンとくるフォーマットがあったと思います。
謎の超能力者、たくさんの電話機とオペレーター、未解決事件。まさかあのTV番組をそのまま持ってくるとは。


登場する超能力者達が一癖も二癖もあり、コメント欄もそれに毒され「ツヨイデスネー」としか発言しない始末。なんて教育されたコメ欄でしょう。
個人的には超能力者たちはバリバリ日本語をしゃべっているのに、下にしっかり字幕が入っていたのがツボでした。


未解決の事件(謎)を1万人という数の暴力でクリアしていく参加者たち。
想定以上の速度絵で解かれていたらしく、キャスト側がガチで焦っていたのが印象的でした。


さてここまではテーマにそった謎解きだったんですが、スタジオの照明が赤くなってから、事態は一変します。


キービジュアルにもある謎の人物が「茶番は終わり」といいながら登場し、これまでの前提を全てぶっ飛ばして、参加者との知恵比べを挑んでくるんです。これにはたまげました。
勝利条件は誰よりも速くスタジオにある携帯電話の番号を割り出し、電話を掛けること。すなわち脱出できるのはただ一人ということになります。

これは2017年に行われた伝説のイベント、『終わらない宴からの脱出』のフォーマットをそのままオンライン版にしたスタイルですね。当時西武ドームで参加していた記憶がよみがえります。


そんな感じで本番がスタート。
これまでSCRAPではあまり見なかった同音異義語クイズや、リアルタイム性を重視した謎など、かなり頭を悩ませている要素がてんこ盛りでした。


苦労しながら電話番号を割り出したんですが、その数字をスマホに入力しても「間違いです」という案内が流れるだけ。
なぜ!?と思っていたら会場の電話が鳴り、1人の成功者が決まってしまいました。ラス謎が公開されてから解かれるまでその間わずか3分ほど。


正直その瞬間に心が折れたんですが、加藤社長から「ここから10分間以内に謎が解けた人は成功とする」というアナウンスが入り、気合を入れなおして再挑戦。


もう、ネタバレ解禁がされているので皆さんお分かりかと思うんですが、電話番号の数字が実はバングラデシュのベンガル語で、日本の算用数字とは表記が違う。というものでしたね。

私は日本と国旗の似ている国がある。という知識だけ知っていて、パラオとバングラデシュの数字を画像検索して正解を導き出しました。なのでYouTubeLive周りの話は解説の時に知りましたね。本当にスゴイ。


この公演のポイントは、加藤社長の成功者が出てから10分以内に謎が解けたら成功にする。という措置 ではなかったでしょうか。
2017年の終わらない宴からの脱出は、1人クリアが出た時点で謎解きは終了していました。それでも会場の一体感や熱量が無くならなかったのは、クリア者に記念トロフィーが授与されたからです。
目に見える賞品や栄光があれば、失敗したとしてもある程度の納得ができます。


ただ、このシステムをそのままオンラインに転用してしまうと、会場の一体感は得られないんですよね。
個人で挑戦して個人で失敗したのとあまり変わりがないんです。その上トロフィー等の栄光もないのであれば、自分たちの頑張りのぶつけどころが無くなり、虚無感に包まれていたかもしれません 。


これはアフターパーティーで加藤社長が話されていたんですが、「1万人以上のチケットが売れた時、自分は何をしているのだろうと思った。1人だけを成功にして、それをよしとするのが本当にいいのだろうか。」そこから方針を切り替え、いまの形になったそうです。

まさに英断だったと思います。


最後に

今回の『オンラインリアル脱出ゲーム大パーティー』。SCRAPがこの時代をどのように切り取り、それをどのようにエンタメに昇華させたか。そんな総決算をみるイベントだったと思います。
常識が刻々と変化する世の中で、楽しむということがどれだけ人の心を支えているのか、衣食住と同じくらい大切なことですね。


まず間違いなく今年ベスト級のイベントだったと思います。
これからも熱く面白いエンターテインメントに触れられることを祈りつつ、このブログを締めたいと思います。

ありがとうSCRAP。本当に楽しい一日でした。


まえだ 感謝のきもち

まえだ 感謝のきもち

  • メディア: 食品&飲料

【謎解き感想】パズルルームからの脱出

全国150万人の”爆弾つきのチョーカーでバトロワを思い出してしまう”皆さまいかがお過ごしでしょうか。
鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は現在アジトオブスクラップ横浜中華街で開催されている
『パズルルームからの脱出』に挑戦してきました! 

f:id:alfbds0954:20210115235441j:plain:w450

【ストーリー】
目が覚めると、そこは見知らぬ部屋の中。
周囲に広がる幾何学模様。不可思議な暗号文。
まるで部屋全体がひとつのパズルのようだ。

首に巻かれたチョーカーが爆発するまであと1時間。
すべてのパズルを解かなければ、あなたは死ぬ。

あなたはこのパズルルームに隠された秘密を暴きだし
10人の仲間とともに脱出することが出来るだろうか?


【プレイ方式】
タイプ :ルーム型
公演時間:60分
人 数 :10人1チーム

今回私は謎解きに成功しました!

個人的満足度★★★★★★★★★☆ 9/10点 

≪一言≫
見よ!これが王道リアル脱出ゲームだ!

ざっくり感想

最近挑戦した「びっくり謎シリーズ」は、SCRAPの原点回帰を目指したような印象の謎解き公演だったのですが、今回挑戦した『パズルルームからの脱出の感想』は、その意味ではまさに原点ともいうべき作品。
なにせ初演が2013年ですからね。現時点で遊べる公演ではかなり古い部類に入ります。


ストーリーを見ても、理由はわからないけど自分たちは謎の部屋にいて、どうやら首には制限時間以内に解除しないと爆発するチョーカーを身につけさせられている、というたった2つの要素しかありません。
うーんシンプル。タイトルからしてパズル系なのかな…それぐらいしか想像がつきません。


それ故か、色んな公演を経験して年々レベルも上がっているであろう謎解きプレイヤーがいる2020年現在でもかなりの難易度 を誇ります。
そして評判もすこぶる良い。かなり今更な気もしますが、ここで一度原点に立ち戻るのも良いと考え、友人を誘って挑戦しました。


会場は横浜中華街にあるアジトオブスクラップ横浜中華街。
個人的には『サイレントキューブからの脱出』以来2年ぶり。だいぶご無沙汰ですね。

www.rdbgjunction.com



f:id:alfbds0954:20210115235637j:plain:w600
ここにくるとどうしても門を撮ってしまう。


チケットを購入した時、自分たち以外参加者がいなくてめちゃくちゃ不安だったんですが、蓋を開けてみたら男性5人グループがいてほっと一安心。
とは言え10人公演を7人で挑戦はするのは手が足りるのだろうか…と最近発症してしまったマンパワー恐怖症を引きづりつつも公演がスタート。


広い会場に数々の怪しいアイテム。説明は最低限度で「感じろ!」と心に訴えけてくる謎たち。首には重さを感じるチョーカー。
2021年現在の丁寧な公演と比べると相当粗削りな印象を受けるんですけど、それでも存分に非日常感を存分に演出してくれる

日曜の昼間に近所を散歩していたらたまたま見つけた定食屋で、780円の肉野菜炒めを食べている気分。そうそう、こういう謎が解きたかったんですよ。


演出といえば、スペースの関係上こういうスタイルをとっているのかな?と思ったら後半意外な形で活きてくるギミックがあったり、意外な部分から突破口が見えたりと、いろいろなサプライズがあるのも魅力的


あと、同じチームになった5人グループと私たちの相性がすこぶる良く、チームワークがバッチリ決まったのも個人的には嬉しかったですね。
やっぱり、素晴らしい環境で遊べるのは全員の協力とリスペクトがあってこそだと思うので。今回正直かなり楽しかったです。

謎の感想

ルーム型公演はいかに早くアイテムを見つけ出して謎を解くか、という言わば探索ゲーと化しがちですが、『パズルルームからの脱出』は比較的探索難易度低めと感じました。
必要なものはわりかし早めに見つかるんですが、それらをどう組み合わせていくかというのが今回のキモ

私たちもアイテム結構早く見つかったものの、どうやって活かすのか悩んでしまい、ファーストステップをクリアするのに40分ぐらい使ってしまいました。
やはりマンパワーか…と若干心が折れかけたのもの事実。


ですが、悩んでいたのはここまで。そこからもう破竹の勢いで進む我々。多分ラストまで一度も詰まらなかったと思う。
攻略の鍵となったのはメモ。とある一人が会場内の情報を事細かくメモしてくれており、後半めちゃくちゃ助かりました。


最後も一瞬のヒラメキで見事脱出。
チョーカーも外し、ドアを開け、全員で無事に会場を後にしたのでした。
f:id:alfbds0954:20210116001751j:plain:w600


全体を通して感じたのは、 現在まで続く謎解き公演のエッセンスが凝縮されたとても王道な公演だったな、ということ。
謎解き初めての人に、「謎解き公演ってこういうものだよ」とおススメするのにピッタリ だと思います。これにハマってくれたら色々な公演に連れまわせる可能性大かもしれません。

個人的には非常に満足できる公演でした。続編の『パズルルームからの脱出2』もぜひやりたい!

【謎解き感想】『びっくり謎工作室からの脱出』

全国150万人の”工作室の万力を無駄にグルグルしていた”皆さまいかがお過ごしでしょうか。
鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は現在東京ミステリーサーカスで開催されている
『びっくり謎工作室からの脱出』に挑戦してきました! 

f:id:alfbds0954:20210112221715j:plain:w600

【ストーリー】
この話がいつのことなのか。
昨日なのか今日なのか。それともうーーんと昔なのか未来なのか。
とにかくあなたは気が付いたら、不思議な工作室にいました。

見たこともないような道具や、
よくわからない材料ばかり並んでいます。
「さてみなさーーん!謎が解きたいですかーーー!!??」
どこかで聞いたことのあるような声が響きます!

現れたのはびっくり一家の次男坊である、
工作室長クラフト・ツクランカさんです。

「みなさんにはまたもやエキサイティングで大興奮、
クリエイティブで創造的なミステリー謎解きに
チャレンジ挑戦していただきまーーす!」

どうやらこの愉快な工作室の謎を解かないと、
あなたは外の世界に戻れないようです。
しかたがない。あなたはため息交じりに謎を解き始めます。
しかしあなたはその時まだ知らなかったのです。
その謎が隠していた恐るべきあのびっくりを・・・。



リアル脱出ゲーム「びっくり謎工作室からの脱出」CM

【プレイ方式】
タイプ :ホール型
公演時間:60分
人 数 :4人1チーム(今回は2人で挑戦)

今回私は謎解きに失敗しました!

個人的満足度★★★★★★★★★☆ 9/10点 

≪一言≫ 今度のびっくりは謎を創造する!?一致団結して造りまくろう!

ざっくり感想

SCRAP代表の加藤氏がメインディレクターをつとめ、プレイした人の口コミが評判を呼び、コラボ先に依らないオリジナル公演でもしっかり面白いじゃんと私たちに思わせてくれた「びっくり謎脱出」シリーズ。


その続編となる『びっくり謎工作室からの脱出』に挑戦してきました。
前作の『びっくり謎工場からの脱出』が夏開催だったので、比較的はやいカムバックでしたね。

www.rdbgjunction.com

今回の目玉は、なんといっても 材料と工作道具を駆使した謎解き公演史上最もクリエイティブで創作的な謎に挑戦できるところ。
前回と同様、高難易度でありながらもチームメンバーみんなでワイワイ試行錯誤を楽しめるのが魅力です。


会場は新宿にある東京ミステリーサーカス。
地下1階のフロアに降りると、そこには今回のポスターで元気にポーズを決めている工作室長クラフト・ツクランカの姿が。

f:id:alfbds0954:20210112222232j:plain:w600
おどけた格好をして、このオジサンなかなかの食わせ者です。


私は友人と2人の参加。通常であれば他2名の方と合流して1チームになるので入場後は座して待機。
否が応でも目に入るアレやコレやを見ないように談笑していると、スタッフの方がスススっと近づいてきて「すみません、参加人数の関係でこのチームはお2人での挑戦とさせていただきたいのですが…」というではありませんか。


ただでさえ高難易度と言われているのに、作業できる人数が半分。より難易度は上がりました。
実際キツイなと思いつつも心の中では、この『びっくり謎工作室からの脱出・極』を攻略したらさぞ気持ちいいと、内心やる気に満ち溢れていました。


そんなこんなでゲームスタート。
『びっくり謎工場からの脱出』が公演を通してびっくりのつるべ打ちだったのに対し、『びっくり謎工作室からの脱出』はゲームスタートから終了まで工作のつるべ打ち。
なにせ一番最初に作るのは「机」なんですから。そんな公演今まで聞いたことありますか?
といっても完成品の美術センスが問われるものではなく、プラモデルのように指示通り組み立てれば完成する難易度のもの。ぶきっちょな私でも大丈夫でした。


各々が分担して謎を解くという感覚は無く、皆で一致団結して一問ずつ取り組んでいく一体感が楽しい。
途中には工作系由来のあまり馴染みのない道具(危険性はない)が登場するなど、初めて使うワクワク感も味わえると思います。こういうツボを押さえてくれると謎解きに行く身としては嬉しくなりますね。


一方で2人での作業はかなり忙しく、作業量を考えると単純にマンパワーが足りないなとも思いました。
ただ、その対策として少人数用に謎が一部省略されたり、公演側でもフォローが入っていたことは明記しております。

謎の感想

このようなスタイルのため、謎は数字や記号、図形を用いたパズル系やヒラメキ系がほとんど。非言語に特化しているといっても過言ではありません。
「じゃあパズル系苦手な私はだめかも…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、この公演ではモノを組み立てる過程も謎解きの一部ですので、誰でも必ず役立てる場面があるはずです。


また、この公演で大切なのは情報交換と観察力。 ある意味で味謎解き公演におけるベーシックなお約束に気づけるかが、成功へのカギになるかなといった印象です。

私たちは2人で頑張ってラス謎までは行ったんですが、なにぶんバタバタ作業をしていたのですでに疲労困憊。
血の巡らない頭で考えてもいい案が浮かぶはずもなく、苦し紛れの手を打つものの残念ながら失敗してしまいました。


解説が始まるまでの間、ふと冷静になった頭でもう一度問題を振り返ってみると、とある部分に強烈な違和感が!この違和感を辿ると答えになるではないですか!それかー!
というわけであと2分時間に猶予があったら成功できたかもしれません。その時間で冷静になれたかは別ですが。


私たちが参加した回の成功率は30%弱。やはり侮れない印象ですね。


2人で挑むには多少無謀な挑戦でしたが、一致団結してなにかを組み立てそれが謎を解くことに繋がる体験はフレッシュであり、テーマにもピッタリ だなと感じました。
また、『びっくり謎工場からの脱出』と同様SCRAPのどこか懐かしい雰囲気(特にED!)を味わえる のも魅力的でした。


次はどんなびっくりが登場するんだろう。今から楽しみです。

【謎解き感想】『ホテル・オルファノ 失踪事件からの脱出』

全国150万人の”カプセルホテルがに良く泊まる”皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は現在秋葉原の東京密室で開催されている 『ホテル・オルファノ 失踪事件からの脱出』に挑戦してきました! 

f:id:alfbds0954:20210109190005j:plain:w600

【ストーリー】
この町で一番古いオルファノホテルで相次いでいる宿泊客失踪事件の調査依頼が探偵の貴方の元へ届きました。
このオルファノホテルで起こる奇妙な事件とは一体!?
ホテルへ調査に向かった貴方は無事に失踪事件を解決出来るでしょうか?


【プレイ方式】
タイプ :ルーム型
公演時間:50分
人 数 :2~6人1チーム(今回は4人で挑戦)

今回私は謎解きに成功しました!

個人的満足度★★★★★★★☆☆☆ 7/10点 

≪一言≫
東京密室の期間限定プログラム。ホテルの怪異を解決せよ!

ざっくり感想

秋葉原にあるルーム型謎解きがプレイできる施設東京密室
これまではテーマの異なる3部屋を楽しめていましたが、 この度期間限定で新たに4つ目の部屋が誕生しました。おめでとうございます。

www.rdbgjunction.com

以前遊びに行った際にスタッフの方から「新作がもうすぐできるので楽しみにしていてください」と教えてもらっていたので、めちゃくちゃ楽しみにしていました。
とはいえ、個人的にあの敷地内のどこに4つ目を作れる場所があるのかと非常に気になるもの事実。前回と同じメンバーで挑戦してきました。


受付を済ませスタッフの方に案内された場所は、常設されている『地獄の死者』の扉の前。
不思議に思っていると右手からガコンと音が鳴り、なんと私がこれまで壁だと思っていた場所が開き、新たな部屋として出現したではありませんか。ちょっとしたサプライズですね。


『ホテル・オルファノ 失踪事件からの脱出』タイトルの通りホテルが舞台
部屋の大きさの都合上豪華なホテルというよりはこじんまりとしたモーテルのようなレイアウト
f:id:alfbds0954:20210109190534j:plain:w600
カウンターには呼び出しベルがあり、私としてはどうしても映画『アウトロー』の一場面を思い出してしまう。

アウトロー (吹替版)

アウトロー (吹替版)

  • メディア: Prime Video


テーマがダークファンタジーだからでしょうか、ひとつひとつには何も感じないアイテムたちが集まると、どこか怪しげな雰囲気を醸し出してきます
ホテルって、基本的には誰かが絶対にいるはずなんだけど、オルファノには誰もいない。領収書や読みかけの本、破れたカレンダーなど、かつての人がいた形跡だけあるというのはなんともうすら寒いものを感じます

また、ゲームスタート直後に始まるイントロダクションからグッとこの世界に引き込まれました。これそういう話なのね、と。

謎の感想

相次ぐ失踪事件のために部屋を探索する私たち探偵チーム。
とある事情により このゲームは非常にチーム内でのコミュニケーションが取りづらいため、より入念な情報共有が必要になってきます。
どうしても困ったときは恐れずヒントを活用しましょう。取っ掛かりさえわかればなんとかなります。


なにより行方不明になった人たちが残した手がかりから必要なものを取捨選択し、彼らの物語をひもといていく流れは非常にアツく、使い道が分からなかったアイテムが突破口になったりと、テンションの上がる展開もありました。


上海型特有の電子ギミックも健在で、よもやと思うものが作動のきっかけになったりして、エンタメ性は高いと思います。
一方でこのボタンを押すとどんな結果になるか、みたいなものが分かりにくい部分もあり、カタルシスをそがれてしまう部分があるのは少し残念でしたね。

ただラストのギミックは思わず声が出てしまうぐらい良い演出で、これだけでも見る価値はあるような気がする。
これまでそこそこの数上海型の謎解きに行きましたが、これは初めて見ました。どういう仕組みなんだろう…


途中何度かヒントをもらったものの、50分の制限時間で無事に謎を解明し、真相に辿り着くことができました


会計時にポイントカードが全て溜まったので、記念品としてはちみつをもらいました

f:id:alfbds0954:20210109190427j:plain:w600
はちみつの価格が1,000円するので、実質料金を考えるととってもお得に楽しめました。


今回の『ホテル・オルファノ 失踪事件からの脱出』で東京密室のコンテンツは全て体験してしまったのでしばしのお別れ。
早めの新作が出ることを期待しつつ今日の感想を終えたいと思います。

興味のある方はこの怪しげなホテルに訪れてみてはいかがでしょうか。

【謎解き感想】リアル潜入ゲーム × FINAL FANTASY VII REMAKE 『壱番魔晄炉を爆破せよ』

全国150万人の”リメイク後の美形に拍車がかかっている”皆さまいかがお過ごしでしょうか。鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は現在東京ミステリーサーカスで開催されている
『リアル潜入ゲーム × FINAL FANTASY VII REMAKE 『壱番魔晄炉を爆破せよ』』に挑戦してきました! 

f:id:alfbds0954:20210105223448j:plain:w600

【ストーリー】
星から生命エネルギーを吸い出し続けている「壱番魔晄炉」。
このまま生命エネルギーを吸い出し続ければ、星が滅びてしまう。
それを止めるため、あなたはクラウドやバレットたちと壱番魔晄炉を爆破しようと潜入を開始する。


しかし、セキュリティ装置や兵士たちがあなたの行く手を阻む。 迫りくる敵を突破するため、あなたは魔法を使うことを可能にするアイテム「マテリア」を手にした。
有効な魔法を見極め、あなたはマテリアを発動する——
さあ、あなたはクラウドたちと共に、爆破作戦を成功させられるだろうか?



リアル潜入ゲーム ✕ FINAL FANTASY VII REMAKE「壱番魔晄炉を爆破せよ」イベントPV

【プレイ方式】
タイプ :特殊型
公演時間:30分~
人 数 :1~3人1チーム(今回は2人で挑戦)

今回私は謎解きに成功しました!

個人的満足度★★★★★★★☆☆☆ 8/10点 

≪一言≫
ますます遊びやすくなったリアル潜入ゲーム。上級者はモーグリメダルを探そう!

ざっくり感想

だいたい年に1度のペースで新作が登場するリアル潜入ゲーム。
なかでもここ数年はアニメやゲーム作品とのコラボレーション企画が続いています。
コラボ企画で面白いのは、原作でやっていたあのシーンや演出を自分たちで再現できる こと。
特にメタルギアの「動くな!」やルパン三世の「ここにルパンが現れなかったか!?」みたいなシチュエーションには胸が熱くなりました。

www.rdbgjunction.com


そんな中今冬から登場した新たな潜入ゲームの題材は、あの大人気作品 FINAL FANTASY VII REMAKE
「あの世界観に潜入要素あったっけ?」と最初は疑問だったんですが、物語の序盤で魔晄炉を破壊するために神羅カンパニーに潜入していましたね…。
現場でクラウドたちがあまりに堂々としていたので忘れていました。

そんな感じで、今回私たちは新生アバランチの新たなメンバーとしてクラウド・ティファ・バレットと共に壱番魔晄炉破壊のため潜入を試みます。原作再現というわけですね。

f:id:alfbds0954:20210105223804j:plainf:id:alfbds0954:20210105223811j:plainf:id:alfbds0954:20210105223817j:plain


ポップも勢ぞろい

会場は潜入専用フロアとなっている東京ミステリーサーカスの3階
カウンターで受付後に整理券をもらい、整理券番号順に入場していきます。
整理券の裏面には○○分頃に再集合して下さいという表記が書かれており、密対策が取られていました。こころ配りが嬉しいですね。


潜入ゲーム最大の特長はそのシステム。プレイヤーはチームごとにデバイスとベストが与えられます
デバイスにはゲームがスタートするとともに、今クリアしなければならないミッションの概要と制限時間が表示されます。
装着したベストは高機能らしく、もし潜入先で敵に遭遇してしまい、攻撃を受けた場合でも命を守ってくれる優れものです。
しかし!そのベストは高機能が故電力を消耗するのですが、よりにもよってデバイスと電力が共用!よって攻撃を受けると制限時間が減少してしまうのです。
毎度毎度困ったちゃんなシステムですわ。


クラウド・ティファ・バレット3人との会話をしつつ、ファンにはお馴染みの電車で神羅カンパニーへ到着。いよいよ潜入が始まります。


手元のデバイスとマップの情報を元に、奥へと進んでいく我等アバランチチーム。
場内には警備員ならぬ神羅兵が巡廻をしており緊張感が半端ない
そして神羅兵のコスチュームの出来がめちゃくちゃ良い!あの特徴的なバイザーがきっちり再現されているし、3つ目はちゃんと緑色に光ります。
SCRAPの美術チームはいつもリスペクトを込めた仕事をしていますが、今回も熱が入っていましたね。原作ファンの人多そう。


途中いくつかのピンチが私たちを襲いますが、それは持ち前の知力と度胸、そして 今回のゲームのもう一つの柱である「マテリア」で突破していきます
原作のらしさを損なわないまま良い感じに公演用にチューンアップされたマテリアたち。より効果的なマテリアはどれかと頭を悩ませながら、ガシガシと進む。


そんな感じで私たちは神羅カンパニー内を奔走。最後には無事に壱番魔晄炉を爆破し、俺たちの戦いはこれからだエンドを迎えたのでした。

ゲームが終了すると、クリアタイムや受けた射撃の回数によってランクが決定されるのですが、私たちは攻撃をいくつか受けたものの、制限時間内にクリアできたのでSランクとなりました。
f:id:alfbds0954:20210105224235j:plain:w600
もっと慎重にいければより高みを目指せたのですが、1回目の挑戦でSランクは妥当かなといったところ。

謎の感想というか遊ぶ際のおススメポイントについて

年を重ねるごとに遊びやすくなっている潜入ゲームですが、いろいろなポイントを抑えるとより楽しめる と思います。
どうせなら100%の気持ちで楽しみたいですからね。
ここからは遊ぶ際におススメなポイントをお話していきます。

1.服装や靴は動きやすいもので

このゲームは狭い場内を中腰、四つん這い、大股を開くなど、日常生活では取らない動きを頻繁に行います。服装は動きやすいものを選びましょう。
もし女性の方でスカートやヒールなど動きづらい服装で来た場合でも、スタッフに申告すればスウェットやクロックスを貸してもらえるようです。これで存分にミッションに集中できますね。柔軟も忘れずに。

.プレイ人数は2名が望ましい

リアル潜入ゲームは最大3人でチームを組んでプレイできるイベントです。
しかしながら隠れる場所が限定されているこの場所では、機動力がなによりものを言います。3人だとなかなか移動やスニーキングが難しいし、ベストは3着なのに端末は1台なので、単純に神羅兵に見つかるリスクが増大します。
例えば6人でTMCに来て潜入する場合は、3人チーム2グループより2人チーム3グループの方が、成功率がグンと上がると思います。 猛者の方は是非とも1人でプレイしてみてください。

3.モーグリメダルを探そう

ゲーム中の物語とは直接関係がないのですが、マップのあちらこちらにモーグリメダルというアイテムが隠されています。
これは潜入ゲームおなじみのいわゆる"サブミッション”。
集めた枚数によって、ゲーム終了時に様々な特典がゲットできます。
ちなみに私は6枚ゲットし、エアリスからプレゼントを受け取りましたよ。ちょっとお得な気持ちになれますね。猛者の方はぜひ挑戦して欲しい。

基本的にはかなり満足度の高い公演でしたが、唯一にして最大の不満点はOP映像含めて撮り下ろしのボイスがほとんどないこと。 「行くぞ!」みたいな掛け声はあるんですけどね。これまでのコラボ謎を考えると、契約が難しかったのかな…といった感じでした。


とはいえまだまだ公演は続くようなので、未プレイの方は是非挑戦してみてください。
フォトスポットでは、あのバスターソードも背負えます!
f:id:alfbds0954:20210105224625j:plain:w600

RDBGジャンクションの謎解きランキング2020

全国の150万人の"世界ランキング協会"の皆さまいかがお過ごしでしょうか。
鈴村リク (@alfbds0954) です。

2018年の夏から始めたこのブログも開設してから約2年と半分が経過しました。
今年は総アクセス数10万人を達成したりと、1つの目標が達成できた年でもあります。これもひとえにこのブログを読んでくださる皆様のおかげです。感謝です。

さて、年の瀬も押し詰まっている今日は、昨年に引き続き『RDBGジャンクションの謎解きランキング』を書いていきたいと思います。
今年はコロナの影響もあり、あんまり公演に行けない時期が多くブログも停滞気味…と思っていたんですが、なんだかんだ50ちょっとは行ってましたね。でも昨年よりは少なくなりました。

2020年の謎解き業界は「オンライン公演」という新たな公演スタイルに否が応でも順応しなければならない年でした。
それによって新しい試みが生まれ、面白い謎解き公演がたくさん出てきたような印象です。

そんなこんなで、2020年に私が体験した謎解き公演から選ぶ、個人的ベスト10です。
今回は通常公演の外に、周遊謎・持ち帰り謎も含めて考えました。


10位『環魂争賽遊戯』 制作:タンブルウィード 成功

f:id:alfbds0954:20200324093553j:plain:w600
謎解き×ボードゲームの異色作。
ホール型公演なんですが、各テーブルのど真ん中にボードゲームがドーンと置かれており、今年遊んだ公演の中でも抜きんでたインパクトを残してくれました。しかもこのボードゲームが普通に面白い。
むせかえる程の小謎ラッシュと、ロジックの筋が一本しっかりと通った骨太な物語。
「分の悪い賭けは嫌いじゃない」を信条としている私としては本当に楽しめる公演でした。
あとデスゲームのような司会ぶりも最高。

www.rdbgjunction.com

9位『闇オークションからの脱出』 制作:ゆうげん 成功

f:id:alfbds0954:20200511192505p:plain:w600
私が初めて挑戦したオンライン公演。コロナで各制作団体が動きを止めてしまった中でいち早くオンラインへシフトしたゆうげんの判断は本当に英断だった思います。

急ピッチで進んだと思わる仕込みと準備の先には、素晴らしい公演が待ち受けていました。
私たちがPCの前にいることへの説得力を担保した設定や、面白い謎解きのシステム。なによりオンラインであることを前提としたトリックには思わず舌を巻きました。

www.rdbgjunction.com

8位『絶遠エクソシズム』 制作:クロネキューブ 成功

f:id:alfbds0954:20200617215811j:plain:w600
今年のナーメテ―タ―枠その1
6月に遊んだんですが、「PCの向こう側にいるキャストに指示を出しながら解き進む謎解き」というスタイルに衝撃を受けました。
スマホカメラを駆使した、まるでホラー映画のような視点の動きや画面構成も見事で、家に居ながら本当にドキドキしたのを覚えています。

初のクロネコキューブの公演だったのですが、これで一気にファンになりました。

www.rdbgjunction.com

7位『アケ_テ』 制作:AnotherVision 成功

f:id:alfbds0954:20201217224857j:plain:w600
持ち帰り謎からランクイン。
普段持ち帰り謎はあんまり遊ばない私ですが、ビジュアルに惹かれて購入。
私の好みにガッチリとハマり、ラストまでダレることなく一気に駆け抜けました。
物語・謎のギミック・演出の親和性が高く、無駄をそぎ落とした謎の構成も見事。なにより「このギミックを使いたいんじゃ!」と言う作者のメッセージがバシバシと伝わってきて、完全に打ちのめされてしまいました。

www.rdbgjunction.com

6位『「特殊捜査0課」#1. Y澤精肉店』 制作:オバケン 成功

f:id:alfbds0954:20200320102721j:plain:w600
あのオバケンが「驚かさない公演」を作ったということで少なからず注目を集めていた作品。
架空の肉屋を舞台に、まるでスリラー映画の登場人物になったかのような気分を味わえるでしょう。
R15仕様に強化されたグロテスクな描写の数々は本当に最低で最高で、現実世界で絶対に体験したくない体験をさせてくれたという意味では今年ナンバー1だと思います。
謎解き自体のレベルが高く、私自身は手も足も出なかったんですが、つよつよメンバーで行ったおかげでなんとかクリアできました。
次回作も期待しています。

www.rdbgjunction.com

5位『電脳九龍城 傀儡狂騒曲殺人事件』 制作:タカラッシュ 成功

f:id:alfbds0954:20200809152506j:plain:w450
周遊謎からランクイン。
これが1,500円で遊べるという驚きのコストパフォーマンス。制作者の正気を疑ってしまいます
金田一少年の事件簿シリーズ最終作ということで、原作漫画とシリーズ3作品を追ってきた身としては感慨深い作品となりました。
これまでのタカラッシュの総力を結集させたかのような、圧倒的な完成度の謎解きが楽しめます。

今ならバーチャルキットも販売しているようなので、現地まで行くのが厳しいという方は購入を検討してみてください。

www.rdbgjunction.com

4位『びっくり謎工場からの脱出 』 制作:SCRAP 成功

f:id:alfbds0954:20200827131613j:plain:w600
とにかく最初から最後までずーーーーっとびっくりさせられる公演
プレイしている時は本当に忙しく、思わず立ち上がったりおもむろに座りなおしたりを繰り返してバタバタと謎を解いていました。終わった時には不思議な爽快感。

ラス謎はこれまたびっくりする内容だったんですが、ある意味往年のSCRAPらしさ溢れるいいギミックでしたね。
その回最速でクリアしたチームにもらえる表彰状も、大切に持っています。

www.rdbgjunction.com

3位『モナリザは2度微笑む』 制作:タカラッシュ  成功

f:id:alfbds0954:20200204184546j:plain:w600
これまた周遊謎からランクイン。ナーメテ―ター枠その2。
2月ぐらいに挑戦した時点で「2020年の周遊謎ベスト1位」とTwitterに書いていましたが、その気持ちは覆ることなく年末まで来ました。
これまでコラボ謎は別として、基本的にはハートフルな謎を多く手掛けてきたタカラッシュブラックレーベルが放ったダークなストーリー。
兎にも角にもこの恐ろしい物語とアートリックミュージアムという場所の力が凄かった。
因果の行きつく先に待ち受ける無慈悲な現実。切れ味が最高です

www.rdbgjunction.com

2位『Analyze -アナライズ-』 制作:タンブルウィード  成功

f:id:alfbds0954:20201129130632j:plain:w600
クラウドファンディングで実現した、「分析」をタイトルに冠した公演。
今回の公演で取りあげられている問題形式が、自分の謎解き人生の出発点のようなジャンルだったので本当に楽しく解けました。

もしこの方が別ジャンルの謎を希望されていたら、全く違うスタイルの公演ができていたわけで、そう考えると謎解き公演の出会いは大事にしなければいけないと感じますね。

www.rdbgjunction.com

1位『ジョジョの奇妙な美術館からの脱出』 制作:SCRAP 成功

f:id:alfbds0954:20200406225204j:plain:w600
2020年の1位はやっぱりこれ。
ジョジョの中でも5部はいちばん思い入れが強くて、SCRAPはいつかやってくれると信じていましたが、原作のエッセンスである逆境の中でも諦めずに泥臭く勝利への道を模索する姿勢がキチンと公演に反映されていて本当に感動しました。
もちろん自分がスタンドを操れるという体験も最高で、いい年してスタンド発動ポーズもバッチリ決めちゃいました。
とにかく公演中ずっとアドレナリンがドバドバ出ていて、多幸感に包まれた謎解きでした。

www.rdbgjunction.com



・・・・といった感じで2020年の個人的ベスト10でした。当時の記事を見直しても、ランクインしている感想記事はどこか書いている熱量が他のものより高い印象がありますね。

実は今年はタイミングを逃したり単純に書く時間が確保できなかったりして、行ったのに感想が書けなくて泣く泣くお蔵入りした公演がいくつかあります(たぶん10くらい)。それはいつかひっそりと発表させてもらえればと思います。 来年も良い公演と出会えることを祈りつつ、この記事を締めたいと思います。見てくださりありがとうございました。

【謎解き感想】まほろば

全国150万人の”正夢に人生をかけている”皆さまいかがお過ごしでしょうか。
鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は現在ドラマチックルームで開催されている
『まほろば』に挑戦してきました! 

f:id:alfbds0954:20201227101928j:plain:w600

【ストーリー】
誰もが知っている様々な偉業を成した人物たち
そんな偉人たちにも成し遂げられなかった夢がある

そんな偉人たちが見た夢の世界を
体験することができる装置が開発された

その装置を使い、眠りにつくことで
《偉人が見た夢の世界》を、誰もが一緒に
体験することができるようになった

しかし装置のシステムにエラーが生じてしまった!

このままでは《偉人が見た夢の世界》が崩壊して
夢から目覚めることができなくなってしまう!

装置に生じたエラーを取り除き
《偉人が見た夢の世界》から脱出しろ!


【プレイ方式】
タイプ :ホール型
公演時間:60分
人 数 :5人1チーム

今回私は謎解きに成功しました!

個人的満足度★★★★★★★★☆☆ 8/10点 

≪一言≫
久しぶりのよだかのレコードは、かなり進化していた!

ざっくり感想

今日も今日とて謎解きの感想です。
今回挑戦したのはよだかのレコードの『まほろば』


よだかの公演に参加するのがなんだか久しぶりな気がするな~と思っていたら、周遊謎を除いた直近で遊んだ公演が、5月に遊んだテレ公演『オルケストラ・マキナの動かない巨人』
会場で遊んだのはなんと2月の『異世界転生からの脱出』ぶりということで、なんと10か月もの期間が空いてしまいました。

www.rdbgjunction.com

www.rdbgjunction.com



どこかでは行きたいな~と思っていたんですが、告知される再演はもうすでに遊んでいたり、後は普通にタイミングが合わなかったりして機を逃すこと幾星霜。
そんな中告知されたのがこの『まほろば』でした。


Twitterで情報を見た時、キービジュアルにとても惹きつけられました ね。
水彩画のような淡いタッチで色が重なり合って凄く幻想的。
f:id:alfbds0954:20201227103103j:plain:w450
イントロダクションを見なくてもこれなら信頼できる。とチケットをポチりました。


会場はメチャクチャ久しぶりのドラマチックルーム。
いつも公演のイメージを載せているウェルカムボード、よだか史上類を見ないほどシンプル
f:id:alfbds0954:20201227102327j:plain:w600


今回のテーマは夢。
劇中で登場する装置を使い、プレイヤーは様々な偉人たちが成し遂げられなかったIFを体験していきます。


その設定において、制作者が頭を悩ますのは「夢を視覚的にどう表現するか」だと思うんですよ。
その意味では、今回よだかのレコードが選択した方法はとても素晴らしい と感じましたね。
偉人たちのストーリーを表現しつつ謎解きによる介入を許容できるシステム。たくさんの選択肢を前にして、プレイヤーはああでもない、こうでもないと議論に花を咲かせます。


この時間がまー楽しい。アナログのギミック作りに定評のあるよだかのレコードのノウハウが遺憾なく発揮されています。


また、今回はアナログのギミックだけでなく、デジタル系のギミックも盛りだくさん
これによってある意味煩雑になってしまっていた部分がだいぶスッキリしたんではないでしょうか。
初演日にはいろいろトラブルがあったようですが、私が挑戦した時点では、一部オペレーションに不備があったものの、かなり改善していました


思えばよだかのレコードのは早々にオンライン公演にも着手していましたし、時代の変化に対応する意欲はとても感じていました。
その意欲と技術力が結実したのが、まほろばなのかと思います。少し上から目線ですが、 団体としてワンランクレベルアップしてるそんな気持ちです。

謎の感想

物量に関してはいつものよだかのレコードよりかは抑えめ。
小謎はサクサク。その分ストーリーに付随する謎を厚くし、物語性を深めています
最初にシステムを説明された際は正直とっつきにくい印象を受けましたが、チュートリアルを実際に遊ばせてくれるので、理解が深まりましたね。


終盤にかけての謎は、一見すると打つ手なしのような状態になるのですが、伏線が序盤からきっちり張られており、その違和感に気づけるかどうかが勝負の分かれ目


私たちの場合、実際その違和感に気づいたのが終了10分前。その後手掛かりを発見した時には既にタイムアップまで秒読み段階。
なんとか答えをひねり出したものの、そこでハプニングが発生してスタッフさん含めて大混乱(念のためですが運営側に落ち度はないです)。でも気を取り直して最終回答をだし、なんとかクリアすることができました。
その時後ろにいたスタッフさんが頷いてくれたのがなんともほっこりしましたよ。


私たちの回は5チームが参加して3チーム成功。恐らく平均的な脱出率ではないでしょうか。


ご無沙汰だったよだかのレコードですが、やっぱり会場でやる公演は楽しいですね。
次はどこぞの村でとある任務を遂行する予定が決まっているので、そこでまた相まみえようと思います。

それではまた。

【謎解き感想】謎まみれ

全国150万人の”いつもの謎解きの問題量に物足りなさを感じている”皆さまいかがお過ごしでしょうか。
鈴村リク (@alfbds0954) です。

今回は現在下北沢ににあるヒラメカで開催されている
『謎まみれ』に挑戦してきました! 

f:id:alfbds0954:20201224131452j:plain:w600

【ストーリー】
100コの答えを見つけ出せ


その部屋は、謎にまみれた部屋。
どこを見ても、謎、謎、謎・・・。
渡されたのはタブレット、突如手に入る謎のアイテム・・・。
果たしてあなたは60分以内に、いくつの謎を解き明かすことが出来るのか!?


~~~~~~~~~~
『タンブルウィード×iMY』

謎にまみれた部屋。
謎がたくさん、いや謎がいっぱい、いや謎だらけ、いやこれはまさに『謎まみれ』!
謎解きに慣れ親しんだ方を対象とした衝撃のルームです!

初心者オススメ度:★☆☆☆☆
熟練者オススメ度:★★★★★


【プレイ方式】
タイプ :ルーム型
公演時間:60分
人 数 :最大4人1チーム

今回私は謎解きに成功しました!

個人的満足度★★★★★★★★☆☆ 8/10点 

≪一言≫
その点タンブルは凄いよな。最後まで謎たっぷりだもん

ざっくり感想

まみれ【塗れ】
〔接尾〕
名詞に付いて、全体にそのものがついているさまを表す。まぶれ。「血―」「泥―」
(広辞苑より)


これまで数多くの公演が開催されてきた謎解き界隈において、 制限時間に対して問題数の多い公演を「物量の多い公演」と表現することがあります。
それは単純に小謎が多かったり、ゲームの途中で解き直しを迫られたり。ともかく大量に問題が出てくる公演というものはいくつか存在し、私も経験がありました。

それに対し、今回私が挑戦したのは「物量」という概念をはるかに超えた、まさに『謎まみれ』と呼ぶにふさわしい"体験” だったのです。


『謎まみれ』はタンブルウィードが開催しているルーム型公演。
2021年1月24日に終了してしまうということで、遅ればせながら挑戦してきました。


会場は下北沢にあるタンブルウィードのルーム型公演だけを集めた施設ヒラメカ。
f:id:alfbds0954:20201224133929j:plain:w600
建って結構な月日が経ちますがようやく訪れることができました。
朝一回でチケットを取ったのですが、ほかの公演を含めてすべて完売。タンブルの盛況ぶりが伺えますね。
f:id:alfbds0954:20201224133943j:plain:w600


『謎まみれ』は貸し切りのみでチケットを販売。最大4名まで挑戦できますが極端な話1人でも挑戦は可能
私たちはそこまでの猛者ではないので、普通に4人で挑戦しました。
というか、むしろこの公演の衝撃は誰かと分かち合った方が絶対に良いので、お誘いあわせの上参加することをおススメします。


受付をすませいざ謎たちが待ち受ける部屋へ。
ルーム型公演の楽しいところは、まさに部屋に入る瞬間だったりするわけですが、特に今回は目の前に広がる光景にガツンとやられました
これは完全にまみれています。酔うほどに謎、謎、謎…


加えてタンブルの十八番である、技術力を結集したデバイスも登場。
公演スタイルの特異性も手伝って、非常にフレッシュな使われ方をしていました。


また、会場で流れているBGMも素敵。
ゲームの進捗状況に合わせて少しずつ音楽が変わっていくのですが、ちょっとEテレ風というか、近代美術館の企画展で流れてそうな音楽でなかなかに耳に残る
作業用BGMとしてぜひ使わせてほしい。

謎の感想

上の方にも書きましたが、このゲームは100個の謎解の答えを探すのが目的で、ストーリー展開とかは特になし
問われるのはどれだけの謎を解き明かせるのかのみ。というある種スポーツにも似たストロングスタイルが特徴。


これだけ書くと、大量の小謎の用紙を手にただ黙々と解くだけ…というイメージを持たれそうですし、実際私も参加する前はそう思っていたんですが、天下のタンブル、そうは問屋が卸しません


むしろ、ゲームが進むことで可能性が広がっていき、より複合的な視点で謎に向き合うことを求められます
この可能性の部分が非常によくできておりまして、当初はどのようにすればいいのか上手く見出すことができなかったんですが、その仕組みを理解できると一気に応用まで進める感じはとても爽快。
この気持ちは同じタンブルウィードの『TableT』を彷彿させますね

www.rdbgjunction.com



そんなこんなでゲームを進めていき、時間いっぱい謎にどっぷりと浸かることができました。

結果はスコアが72%タイムは42分台。「両方をこのレベルでこなすチームはあまりいません!」とスタッフさんに褒められました。
f:id:alfbds0954:20201224134319j:plain:w600
ちなみに当日見た最高スコアが96%だったんですけど、プレイした側からすると正気の沙汰とは思えません。そんなのもう作った本人じゃないですか。えっ?違うんですか?


公演終了のアナウンスが出て、ようやく参加した『謎まみれ』でしたが、早く経験しなかった自分を殴りたいくらい楽しい公演でした。
スポーツで汗を流した後のような、なんとも言えない高揚感があります。

ただ事前アナウンスにある通り、謎解きというコンテンツ初心者にはあまりおススメできないのも事実
肉離れを起こすかもしれないので、ほかの公演で鍛えてから遊びましょう。


惜しくも来月で終了ですが、すでに 謎まみれ2の告知もされているので、またこのような体験ができることを本当に嬉しく思います
まだ謎まみれに参加されていない方はぜひ挑戦してみてください。決して損はさせません。


黒猫まみれ (白夜ムック637)

黒猫まみれ (白夜ムック637)

  • 発売日: 2020/12/21
  • メディア: ムック